MENU

OSO18の現在!懸賞金はいくら?リアル赤カブトなヒグマはどこにいる?

OSO18 現在 懸賞金 カブト ヒグマ どこ 身長 体重

OSO(オソ)18とは?

北海道東部の酪農地帯で、65頭の牛を襲い、31頭を殺してきたヒグマのコードネームである。

これまで、様々な手法で捕獲を試みてきましたが、いまだ実現には至っていないという曲者。

罠をかいくぐる高度な知能、獲物に執着しない行動の謎。ハンターや研究者の分析を踏まえ、浮かび上がるこれまでと異質の巨大ヒグマの”正体”を追っていきます。

目次

OSO18の現在!出没~2022年現在までの時系列は?

OSO18が初めてその存在を現したのは、2019年7月16日のことです。

ことの発端は、標茶町オソツベツの牧場で体重400キロの牛が殺されたことによります。

そして、その後もOSO18による被害は続き2019年は28頭、2020年は5頭、2021年は24頭、2022年は8頭、が襲われていて、現在に至ります。

OSO18の出現から現在までの時系列

2019年7月16日  OSO18が出没 牛が殺されたことにより発覚

2019年・・・28頭の被害
2020年・・・5頭の被害
2021年・・・24頭の被害
2022年・・・8頭の被害 (2022年11月23日現在)

OSO18に懸賞金はかかってる?

自治体によっては、ヒグマの駆除に対して奨励金(懸賞金)が与えられることがあります。

しかし、2022年11月23日の時点では、OSO18駆除に対しての懸賞金の情報は出ていません。

懸賞金が出るとなると、プロのハンター以外にも懸賞金目当てなどの軽い気持ちで捕獲を試みる人が、出てくるかもしれないという懸念があります。

多数の被害が出ている中で、安易に懸賞金を出すという方針にはならないのではないでしょうか。

参考:ヒグマ駆除の助成金とは?

ヒグマ駆除の助成金は、例えば、北海道浦河町役場が出しています。街なかに出てきてしまったヒグマに対する駆除の助成金です。駆除の他、ヒグマ箱わな設置、要請に対する出動などにも助成金が出ます。
対象は、団体に所属した狩猟免許所持者のみですので、一般の人が懸賞金をもらえる性質のものではありません。

対象:ヒグマ駆除
助成金額:10,000円/1頭
交付対象者:町内狩猟団体に所属し、狩猟団体の長より推薦された狩猟免許所持者

詳細は北海道浦河町役場のホームページをご確認ください。

OSO18が出没している場所はどこ?

OSO18が出没している場所は、北海道東部の標茶町(しべちゃちょう)と厚岸町(あっけしちょう)。

標茶町(しべちゃちょう)では2019年から2022年の間で55頭の被害。厚岸町(あっけしちょう)では10頭の被害が発生しています。

地図で見ると、北海道川上郡標茶町の場所はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる